鎌倉時代に九州から関(美濃)に移り住んだ刀鍛冶が、良質の土、水、炭に恵まれたこの地で、刀剣作りをはじめたのが関鍛冶の起源。
多くの名刀が生まれたが、名匠「関の孫六」は独特の作刀を工夫し、美しく芸術性の高い、切れ味の抜群な最上の業物を世に送り出した。
江戸から明治と時代は変遷し、関の刀匠たちの多くが家庭用刃物の製造へと転業した。
関の刀剣が「折れず曲がらず、よく切れる」と称賛された信念は、現代の刃物作りにもしっかりと受け継がれている本製品「関孫六」の銘は27代目兼元、刀匠 金子孫六氏によるもので、匠の技を生かしながら、その切れ味を現代 に伝えている

サイズ(約):345mm×35mm×20mm
日本製

品質表示
刃:安来鋼白紙2号
柄:天然木(朴)
口金:本水牛角

※他サイト店舗でも販売しておりますので、在庫有表示の場合でも、タイミングによっては売り切れ、在庫切れの場合がございます。

美しい 関孫六 包丁 貝印 白紙鋼 093AK2283【SH30】 210mm 柳刃-柳刃包丁

一覧